ホーム]|[営業案内]|[図書案内]|[求人案内



新刊案内

秋川リサ 書き下ろし作品

母の日記

あなたは、あなたのことを産まなければ
よかったという母を介護することができますか?

認知症介護を通してみえた、
大正・昭和・平成の家族のあり方とは。
全ての母・娘が仲が良いとは思えない。
でも、家族であることは変わらない。

ハーフモデルの祖、テレビタレント・女優として一世を風靡し、現在は芸能活動のほか、ビーズ創作の最先端で活躍する秋川リサ氏が母親への愛情と憎悪に揺らぐ苛辣なまでの葛藤の日々を克明に綴った『母の日記』を上梓しました。

実母の認知症介護を通して、地域との人間関係、介護の現場、行政の高齢者対策の歪みを浮き彫りにし、これからの介護社会の家族の生き方・あり方を問いかける必読の書です。

アメリカ軍人の夫と離別し、シグルマザーとして生きなければならなかった母、戦後の母子家庭で15歳から家族を支え続けた娘リサ、祖母と母リサを支える娘の麻里也、家族を癒す捨て子だった愛犬チェリー、介護に従事する職員たち、そして地域の人々が綾なす現代から未来に続く高齢社会の真実のドラマ。

’70年代、資生堂のキャンペーンガールとしてデビュー。CMそしてテレビ番組・映画でも活躍した、元祖ハーフ・モデルであり、モデルタレントの先駆けでもある秋川リサ。現在は、芸能活動のほかビーズ作家として活躍する彼女が、母と同じシングルマザーとしての人生を懸命に生き抜く姿が浮き彫りに描かれる。

少子高齢が伸張する日本の社会。そんな社会で生きなければならない家族とは、そこで苦しみ・悩む家族の姿、たとえ母から疎まれていたと知っても家族を放棄することはできない血のつながりとは。

核家族社会のなかで、家族だけでは支えられない現実を支えてくれるものとは。国民を支えるべき、国・行政は本当に支えてくれているのだろうかを問いかける。

  • 著 者:秋川リサ
  • 仕 様:四六判 ソフトカバー 308 ページ
  • 定 価:本体 1,200 円+税
  • 発行日:2014 年 7 月 14 日

著者 秋川リサ プロフィール

1952年5月12日生まれ。父親はドイツ系アメリカ人、母親は日本人のハーフとして生まれる。15歳でテイジン専属モデルに抜擢。その後、『anan』のレギュラーモデルとして大ブレイク。女優・タレントとしてテレビドラマ・バラエティ番組、映画を中心に活躍する一方、2001年からはビーズアート教室を開設し、全国的な普及活動を続けている。

この本の目次へ >>



(C)2004 NOVA出版 All Rights Reserved.
〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-31-12 代々木ハイツ505
TEL=03-3375-2507 / FAX=03-3370-7958